« パンダでもわかるDS-10[9] -波形の種類- | トップページ | パンダでもわかるDS-10[11] -VCAで音量調節【ベーシック編】- »

パンダでもわかるDS-10[10] -VCFで音を変化させる【ベーシック編】-

VCOで波形選んだら、次はVCFでフィルターいじってみてねぇ。
277
フィルターでは、オシレーター(波形)の要らない倍音部分をカットしていく作業をするょ!
2882

まず、フィルターには種類があります~。それがココ。
Synedit5

「LPF、HPF、BPF」って、DS-10には3種類あるんだけど、
ほとんどのシンセは最初LPFに設定されてます~。
LPFしかないシンセもあるらしいー。
それだけLPFはよく使われるってことかなぁ。

LPF:Low Pass Filter=ある周波数より上をカットする
HPF:High Pass Filter=ある周波数より下をカットする
BPF:Band Pass Filter=上下両方の周波数をカットする


Filter2_4_2

※周波数って?
音は1秒間に何回波をつくっているかで音程が違ってくるんだけど、その波の周期の数のことを周波数って言うよ~。この言葉、結構頻繁に出てくる。。。
んで、高い音ほど周波数が高いこと、覚えておいてね☆

それにしても、「ある周波数」って言葉がやけに曖昧です(・ω・)
そう、その「ある周波数」の値を決めるのがココのCUTOFF(カットオフ)ってとこ~。
Synedit6_2

LPFの時、CUTOFFの値を低くする(左に回す)と暗い音になって、値を高くする(右に回す)と明るい音になるよー。
HPFの時は、どの値でも明るいんだけど、値を高くする(右に回す)と低域が薄くなるよ~。
BPFの時は、LPFの時と同じように値が低い(左に回す)と暗く、値が高い(右に回す)と明るくなるんだけど、LPFの時とはまた違う感じになるから試してみてね!

それから、ココ「PEAK」ってとこ、回すと音に「クセ」がつくょ。
Synedit4
この「PEAK」、RESONANCE(レゾナンス)と呼ぶ人も多いんだけど、
CUTOFFで決めた値の周波数近辺を強調してくれるツマミ~。

289_2

PEAKを高めにした状態でCUTOFFを回すとキュイ~ン!!ってなるぅ(o´・∀・`o)

ふがぁ、、、結構難しくなってきちゃったなぁ。。。(´・ω・`)

VCFの応用編(VCFにEGをかけて時間の流れとともに音の明るさの表情をつける)はこちら~!

ぽらこ

|

« パンダでもわかるDS-10[9] -波形の種類- | トップページ | パンダでもわかるDS-10[11] -VCAで音量調節【ベーシック編】- »

DS-10」カテゴリの記事

コメント

この辺知りたかった!!んです。

投稿: HiRO | 2008年9月17日 (水) 01時07分

実はぽらこもこの辺、ちょっと曖昧だったからYasushi先生にアドバイスもらいながら書きました~(笑)
これで初めての人も理解できるかなぁ、、、?(゚m゚*)
説明書くのって難しいねぇ~。。。

投稿: ぽらこ | 2008年9月17日 (水) 13時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パンダでもわかるDS-10[9] -波形の種類- | トップページ | パンダでもわかるDS-10[11] -VCAで音量調節【ベーシック編】- »