« パンダでもわかるDS-10[11] -VCAで音量調節【ベーシック編】- | トップページ | もらっちゃったぁ( ´艸`) »

パンダでもわかるDS-10[12] -EGってなあに?-

VCOVCFVCAの基本がちょっとだけわかったところで、次にEDIT画面の右にある「EG(Envelope Generator)」ってとこ~、注目してみてね!
Editeg

普段何気なく聞いてる音、よ~く聞くと鍵盤を押した時の鳴りはじめから鳴りおわりまで時間経過とともに音の表情が変わるでしょお?その時間の流れとともに変わる音の表情をつけるところだょ!

本来なら音量のLEVELのツマミであったり、CUTOFFのツマミであったり、PITCHのツマミであったりを、自分で回すことでその値を変えられるんだけど、鍵盤押す度にツマミを回すわけにもいかないんで、それを自動的に動かしちゃおうっていうスゴイ機能!

080918_114801
なんでenvelope(封筒)なのかなぁ。。。(・ω・)

例えば、ピアノは鍵盤押すとすぐに音が出て、だんだん音が小さくなっていくとか、
バイオリンはゆっくりと音が立ち上がるとか、
打楽器はポン!って一瞬だけ鳴るとか、
他にも、サイバーな音だと‘ン~~ワワ~ンワ~’って鳴ったりとか(笑)

で、それらを調節するために、
「ATTACK」「DECAY」「SUSTAIN」「RELEASE」の4種類のツマミがあります~。

どのツマミを回すとどう音に影響するのか?!

EGって「VCO(オシレーター)」「VCF(フィルター)」「VCA(アンプ)」どれにもかけることができるんだけど、よく使うのがVCA!音量の変化をつけないと、ブザーみたいな鳴りっぱなしな音にしかならないからね!

とりあえずVCA(アンプ・音量)にかけた場合の効果がわかりやすいから書いてみるねぇ。。。

■ATTACK(アタック・タイム): 立ち上がり
=演奏開始(鍵盤を押す)から最大音量になるまでの時間
値を「0」(左に最大限に回す)にしておくと、すぐに音が出る状態だょ!
(LEVELツマミを右に回してる状態)

■DECAY(ディケイ・タイム): 減衰
Attackタイムを経て、Sustainレベルに落ち着くまでの時間。
(LEVELツマミを左に回してる状態)

■SUSTAIN(サスティン・レベル): 減衰後の保持
鍵盤から指を離すまでここで設定した値が持続します~♪
ここではアンプにEGをかけているので、鍵盤を押し続けている間の音量
(LEVELツマミを止めてる状態)

■RELEASE(リリース・タイム): 余韻
=演奏終了(鍵盤から指を離す)した後に音が鳴り終わるまでの時間
ツマミを右に最大限に回すと音が鳴り止まないかも?!
(LEVELツマミを左に回してる状態)

295_2

この4つのツマミをよく「ADSR」って略して言ったりするんだけど、ぽらこよくADSLと言い間違える~(笑)

Adsr_2 
なんとなく、ADSRの流れって、痛いのがひいてくのに似てない?!
ぽらこの勝手なイメージ~♪

実際のEGのかけ方はコチラ☆
EGをVCOにかける
EGをVCFにかける
EGをVCAにかける

ぽらこ

|

« パンダでもわかるDS-10[11] -VCAで音量調節【ベーシック編】- | トップページ | もらっちゃったぁ( ´艸`) »

DS-10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パンダでもわかるDS-10[11] -VCAで音量調節【ベーシック編】- | トップページ | もらっちゃったぁ( ´艸`) »