« もらっちゃったぁ( ´艸`) | トップページ | パンダでもわかるDS-10[14] -EGをVCF(フィルター)にかける- »

パンダでもわかるDS-10[13] -EGをVCA(アンプ)にかける-

1つ前の[12]のEG(エンベロープ・ジェネレーター)のところでも書いたけど、EGはVCO(オシレーター)、VCF(フィルター)、VCA(アンプ)どれにもかけることができるょ!

で、まずはVCAにかける編!☆
VCAにかけることが一番多いと思うから~。
そしてかけた効果も一番わかりやすいと思うょ!

まずココ見てぇ~。「VCA EG」ってとこ。
Synedit8
「EG」「GATE」っていうのが選べるようになってるんだけど、最初は「EG」の方になってます~。これはEGを使うことが多いから☆
「GATE」を選ぶとEGの効果がかからなくなるょ!

調節するとことはココね~。EGの「A・D・S・R」の4つのツマミ~。
Synedit9

各ツマミを回した時の効果、[12]と重複するけどもう一度書いとく~。

■ATTACK(アタック・タイム): 立ち上がり
=演奏開始(鍵盤を押す)から最大音量になるまでの時間
値を「0」(左に最大限に回す)にしておくと、すぐに音が出る状態だょ!

■DECAY(ディケイ・タイム): 減衰
Attackタイムを経て、Sustainレベルに落ち着くまでの時間。

■SUSTAIN(サスティン・レベル): 減衰後の保持
鍵盤から指を離すまでここで設定した値が持続します~♪
ここではアンプにEGをかけているので、鍵盤を押し続けている間の音量

■RELEASE(リリース・タイム): 余韻
=演奏終了(鍵盤から指を離す)した後に音が鳴り終わるまでの時間
ツマミを右に最大限に回すと音が鳴り止まないかも?!

295

例えばこんな感じでいじってみて~。。。
□音の立ち上がりをゆっくりにしたいときはAttackを右に回す~
(鍵盤を押すと同時にすぐに音が鳴るならAttackは0にする~)
□鍵盤を離した後にもゆっくり減衰していく余韻を残したい時はReleaseを右に回す~
(鍵盤を離すと同時にすぐに音が鳴り止むならReleaseは0にする~)
□持続音にしたい時はSustainを右に回す~
(鍵盤を押してる間に、だんだん小さくなる音にしたい時はSustainを0にする~)
□Sustainが100%の時はDecayの値は無効になるから0でいいらしい~

でも、こんな説明されても(・ω・)??って感じだと思うので、具体的なの紹介するよ~。んで、参考までに「ADSR」の値のだいたいの目安を書いとくぅ。

■オルガン(持続音系)
鍵盤を押したらすぐに音が鳴り始めて、ずっと同じ音量で鳴り続けて、鍵盤を離すと音がピタっと鳴り止む音。
299
A 0%  D 0%  S 100%  R 0%

■バイオリン(ストリングス、パッド系)


音がゆっくり立ち上がってで、ゆっくり音が小さくなっていく音。
A298_4
A 20~60%  D 0%  S 100%  R 20~60%

Yk1 ソロ・バイオリンなどの場合はRは0に近い値で良いかも。

■太鼓(打楽器)

ポン!と叩いたらすぐに音が鳴って、少し余韻が残る音。
A297_2
A 0%  D お好み S 0%  R お好み
(Decay と Release は同じ値だとよいらしい~)

■ピアノ(ギター、減衰音系)
鍵盤を押すとすぐに音が鳴って、押してる間に段々と音が小さくなっていく音。
296_2
A 0%  D お好み  S 0%  R 0%

VCAって??って人はコチラ見てねぇ~!
EGって??って人はコチラ見てねぇ~!

ぽらこ

|

« もらっちゃったぁ( ´艸`) | トップページ | パンダでもわかるDS-10[14] -EGをVCF(フィルター)にかける- »

DS-10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« もらっちゃったぁ( ´艸`) | トップページ | パンダでもわかるDS-10[14] -EGをVCF(フィルター)にかける- »