« 楽しかったぁ♪ | トップページ | そういえばね、 »

パンダでもわかるDS-10[15] -EGをVCO(オシレーター)にかける-

【EG編】の最後はEGをVCO(オシレーター)にかけた場合のことだょ!
オシレーターはピッチ・音程(音の高さ)を担当する部分だから、EGをかけると時間の流れとともに音程が変わるょ!

DS-10の場合は、EGが1つだけなので、他のVCAやVCFと同じようにココのEG(エンベロープ・ジェネレーター)の4つのツマミ「A・D・S・R」で調節するよ~。

Synedit9_2

あと、VCOの場合もフィルターと同じようにEG INT(EG Intensity)っていうツマミがあるから、EGのかけ具合の深さも調節できるょ!
VCOのEG INTは右に回せば回すほどEGをかけた時の音程が高く、左に回したらその逆で音程が低くなるよ~。
Synedit10
VCOにEGをかけたくないなぁ~って時はVCOのEG INTはセンターにしておいてね!

VCOにEGをかけるとどんな効果が出るのか~。

■Attackタイム: 演奏開始(鍵盤を押す)の音程から本来の音程になるまでの時間

■Decayタイム: Attackタイムを経て、Sustainレベルに落ち着くまでの時間

■Sustainレベル: 鍵盤から指を離すまでここで設定した値が持続します~♪
ここではオシレーターにEGをかけているので、鍵盤を押し続けている間の音程

■Releaseタイム: 演奏終了(鍵盤から指を離す)した後、Sustainレベルから演奏開始時の音程になるまでの時間
(VCAでReleaseタイムが0の時は、鍵盤から指を離すと同時に音がなくなるってことだからもちろんこのVCOのReleaseの効果は無効になるょ)

これは、例えばギターのスライド奏法とか、トランペットみたいな楽器を吹く時のしゃくりあげたような音とかを再現したい時に使えるかも~☆
あとは、効果音にもかなり使えそうだよね!!

7690_244_2
具体的なのは~、、、
これもYasushi先生に聞きたいー。。。(〃´・ω・`)ゞえへへっ♪



VFOって??って人はまずコチラの「音作りの流れ」を見てねぇ~!
EGって??って人はコチラ見てねぇ~!

ぽらこ

|

« 楽しかったぁ♪ | トップページ | そういえばね、 »

DS-10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 楽しかったぁ♪ | トップページ | そういえばね、 »