« パンダでもわかるDS-10[2] -はじめるぅ- | トップページ | パンダでもわかるDS-10[4] -なんちゃってカオシレーター- »

パンダでもわかるDS-10[3] -鍵盤で演奏する-

まず演奏!

最初、こんな鍵盤の画面が出てきます。(ドレミの表示つけてみた)
Scs_keykaoss
適当に演奏楽しんでねー☆(和音は弾けないょ(;ω;))

コレ、鍵盤のコントローラーがあったら便利なんだけどなぁ。。。
結構画面上で‘弾く’のって難しいよねぇ、、、。

で、鍵盤が2オクターブ分しかないから、きっと足りないでしょ?!
そんな時は左上の「OCT-」「OCT+」ってとこ(黄色で囲っといた)押すと、オクターブ(1オクターブは12鍵盤分)下がったり上がったりして、低い音も高い音も出せるようになるよぉ。
Piano2

んで、その時、その「OCT」の下にポツポツがあるけど、この赤い点灯が今どのくらいの高さの音になってるかって表示してます~。
Piano3

DS-10の肝は、まだまだこれからだからねぇ☆
ついてきてねぇ(・∀・)ノ

ぽらこ

|

« パンダでもわかるDS-10[2] -はじめるぅ- | トップページ | パンダでもわかるDS-10[4] -なんちゃってカオシレーター- »

DS-10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パンダでもわかるDS-10[2] -はじめるぅ- | トップページ | パンダでもわかるDS-10[4] -なんちゃってカオシレーター- »