« 仲間発見〜( ´艸`) | トップページ | パンダでもわかるDS-10[9] -波形の種類- »

パンダでもわかるDS-10[8] -音作りの流れ【ベーシック編】-

さてさて、[7]まではな~んにも知らない人でもとりあえず楽しめちゃう「とりあえず」の使い方だったんだけど!ここからはちょっと本格的☆
DS-10というシンセサイザーを手に入れたからには自分オリジナルの音を作ってみたくない?!

んでも!その前に!
まずは、音作りの基本の流れを知ってね!

マップ画面で「SYN EDIT」を押すと下みたいなツマミがたくさん出てくる画面が出てくるけど、色んなアルファベットあって意味わかんないでしょ?!
Ds10082

その中で、まず見てほしいのが「VCO」「VCF」VCA」ってやつ。
Synedit2 

それぞれ、
「VCO」:Voltage Controlled Oscillator=オシレーター(音程)
「VCF」:Voltage Controlled Filter=フィルター(音質)
「VCA」:Voltage Controlled Amp=アンプ(音量)

ってことなんだけど、初めて聞く人には何のことやら?!(´◕ฺω◕ฺ`)
って感じだよね(笑)ぽらこも最初他の3文字アルファベットとごっちゃになったりしてわけわかんなかったぁ~~~。
でも、ココ大事!「音の3大要素」!あぃ、これテストに出るょー!(笑)

■まず、オシレーター(VCO)っていうのは音の一番単純な基本となる波形を鳴らすところ。この基本波形が色々重なり合って複雑な波形となることで、いろんな違う音に変化するってわけ~。
波形って言われてもピンとこないかもしれないけど、水に石を落とした時に落ちた周りの水面に波紋ができるのと一緒で、音も空気中に波を描いて届いてるんだってぇ。

だから、まずはこの基本となる波形を選んで、高さ(ピッチ・音程)を調節したりするなどして音をいじっていくことになります~☆
作りたい音に近い波形を選んでね!!
271

■次に、フィルター(VCF)っていうのは音の明るさ。
例えば、口を閉じた状態で出す声と、口を大きく開いた状態で出す声とでは声の明るさっていうか、響きが違うでしょ?!そんなニュアンス~。
実際、作業としては波形を理想の形にするために要らない部分をカットしていく作業だょ☆
272_2273

■そしてアンプ(VCA)、これは音量のこと~。
※絵ではスモールライトだけど、実際、アンプでは増幅、要するに大きくする場合の方が多いょ!ぽらこ、ビッグライト(ドラえもんの道具)っていうのがあるの、知らなかった~~~(笑)
274

275

基本的に音を作る時は

「オシレーターで波形を選ぶ」
     ↓
フィルターで音に色づけ
     ↓
アンプで音量調節


っていう感じで作ることが多いょ!
290_2 

次は、どんな種類の波形があるのか紹介するょ!


ぽらこ

|

« 仲間発見〜( ´艸`) | トップページ | パンダでもわかるDS-10[9] -波形の種類- »

DS-10」カテゴリの記事

コメント

catface 読ませていただきました。DS-10始めたものの、勝手がわからず試行錯誤してましたが、とてもためになりました、ありがとうございます

投稿: ふわふわ | 2009年6月 4日 (木) 21時32分

お役に立ててうれしいです!catface

投稿: ぽらこ | 2009年6月 6日 (土) 12時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 仲間発見〜( ´艸`) | トップページ | パンダでもわかるDS-10[9] -波形の種類- »