« パンダでもわかるDS-10[8] -音作りの流れ【ベーシック編】- | トップページ | パンダでもわかるDS-10[10] -VCFで音を変化させる【ベーシック編】- »

パンダでもわかるDS-10[9] -波形の種類-

DS-10で選べる波形は4種類あるよ!

「ノコギリ波(左上)」・「パルス波(右上)」
「三角波(左下)」・「ノイズ(右下)」
Synedit3
ぁ、「VCO1」「VCO2」ってあるけど、最初は「VCO1」だけに注目してみてね!

ノコギリ波
バイオリンのような弦楽器、トランペットのような金管楽器の音に近いょ。色んな音色によく使われる波形~。シンセベース作る時なんかにもよく使われるらしい~。
287

三角波
リコーダー、オカリナのような木管楽器の音に近いょ。
282

パルス波(スクエア波)
クラリネット、木琴、おもちゃの救急車の音に近いょ。
285
286

ノイズ
ドラムのような打楽器、効果音を作る時に使うといいかも!?
279

DS-10では選択肢にないんだけど、実は他にもこんな波形はメジャーだから覚えておいて損はないかもぉ。
■サイン波
実は、このサイン波が全ての波形の大元。と~っても柔らかい音だょ。
278

ぽらこ

|

« パンダでもわかるDS-10[8] -音作りの流れ【ベーシック編】- | トップページ | パンダでもわかるDS-10[10] -VCFで音を変化させる【ベーシック編】- »

DS-10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パンダでもわかるDS-10[8] -音作りの流れ【ベーシック編】- | トップページ | パンダでもわかるDS-10[10] -VCFで音を変化させる【ベーシック編】- »