« パンダでもわかるDS-10[27] -メロディの入力(ステップ入力)- | トップページ | 話題のお店に行ってきたぁ!☆ »

パンダでもわかるDS-10[28] -シンセパートの細かい設定-

細かい編集もドラムの時とほぼ一緒!

Return を押すと下記の順で他の編集画面にいけますー。

[NOTE] 音程の設定
Ds101_2



[GATE] 音の長さの設定
「LEGATO」を選ぶと次の音とつながります~。
ドラムと違って、シンセパートの場合は「1SHOT」はないょ。
Ds1006



[VOLUME] 音の大きさの設定
Volume



[PAN] 音が聞こえてくる位置の設定
「L2」は左、「L1」は左とセンターの間、「C」はセンター、「R1」は右とセンターの間、「R2」は右から音が聞こえるように配置されますー。
Pan



[KAOSS X] KAOSS PAD3のX軸の設定
Kaossx



[KAOSS Y] KAOSS PAD3のY軸の設定
Kaossy

「KAOSS X」と「KAOSS Y」はドラムパートにはない画面。
これはSYN KAOSSの画面を開いた時に、画面上部の[3]を選ぶと、「SET」([3]の右隣のボタン)を押すことで自分でX軸、Y軸のパラメーターを選ぶことができるんだけど、その調節画面~!
Scs_keykaoss4
だから、縦の値が何を示すかは、KAOSS PADのところで、どのパラメーターを選ぶかによって違ってくるからね~。

ぽらこ

|

« パンダでもわかるDS-10[27] -メロディの入力(ステップ入力)- | トップページ | 話題のお店に行ってきたぁ!☆ »

DS-10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パンダでもわかるDS-10[27] -メロディの入力(ステップ入力)- | トップページ | 話題のお店に行ってきたぁ!☆ »