« もぅすぐハロウインかぁ | トップページ | パンダでもわかるDS-10[28] -シンセパートの細かい設定- »

パンダでもわかるDS-10[27] -メロディの入力(ステップ入力)-

ドラムのリズムパターンの入力方法はこちら~。

んで、リズムができたらメロディを上に乗せてみよ~♪

メロディの記録は、[4]で書いたカオスパッドを使って演奏しながら入力する方法と、
[26]で書いた、演奏しながら録音する方法、そして
今回書く入力していく方法(ステップレコーディングみたいな感じ~)もあるょ!

まずはメニュー画面で「SYN SEQ」を選んでね☆
Ds1017

そしたら、こんな画面出てきます~。縦が音階、横が時間軸ですょ。

左の白と黒が並んでるとこ、ココはピアノ鍵盤を表してるょ!
白いのが白鍵盤、黒いのが黒鍵盤。
んで、白鍵盤に「C」って書かれてることがあるけど、それは「ド」の音ってことね!Cの横に書かれてる数字は音の高さ。数字が大きいほど高い音になってるってことになるょ。
Ds101 

そして、横が時間軸。
マスが横に16マスあるんだけど、ドラムの時と一緒で、四角いマスは4マスでひとまとまりと考えて4拍分(1小節分)入力できます~。
DS-10の1パターンは1小節分だからね!
1マスには音楽的に言う「16分音符」が入る感じ!
Ds102

ぽらこ

|

« もぅすぐハロウインかぁ | トップページ | パンダでもわかるDS-10[28] -シンセパートの細かい設定- »

DS-10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« もぅすぐハロウインかぁ | トップページ | パンダでもわかるDS-10[28] -シンセパートの細かい設定- »