« 話題のお店に行ってきたぁ!☆ | トップページ | 飴ちゃん、ちょーだぃ »

パンダでもわかるDS-10[29] -SYN KAOSS-

なんちゃってカオシレーター!ってことで、以前にちょこっと紹介したんだけど、
今度はちゃんとSYN KAOSSを使いこなしてみたい!って試み~♪

そもそもカオスパッドって何?って感じの人もいるかもしれないけど、これはパッドの縦軸と横軸にパラメーターを設定しておいて、パッドをこすることで、リアルタイムに設定したパラメーターの値を感覚的に変化させられちゃう!っていうやつ~(・∀・)

カオスパッドはシンセパートにのみあるから、
カオスパッドの画面に行くにはシンセ1か2の「SYN KAOSS」を選んでねぇ。
Ds10071_2


そして、↓カオスパッドの画面に行ったら、まず見て欲しいのが左上!
「1」「2」「3」ってあります~。
番号によって設定されてるX軸、Y軸のパラメーターが違うから注意だょ!

で、左下に、何のパラメーターが選択されてるか表示されますー。

[1] X軸:NOTE(音の高さ、音程) Y軸:GATE(音の長さ) 
Ds10072_1_2
この[1]の時に、「SET」っていうのを選ぶと「キー」「スケール」
(
キーとスケールに関する補足説明)を変えることができるょ☆
 *「キー」と「スケール」については、↑カオシレーターの記事にリンク貼っといたから参考にしてね!

[2] X軸:PAN(音の位置) Y軸:VOL(音の大きさ)
Ds10072_2_2

[3] ここでは自分でパラメーターを設定できます♪
  
初期設定ではこちらになってるょ↓
X軸:CUTOFF(どこから削るかの周波数値) Y軸:PEAK(レゾナンス、くせ)
 *「CUTOFF」と「PEAK」に関してはフィルターのとこ参考にしてね!
Ds10072
この[3]の時は、X軸とY軸のパラメーターを自由に割り当てることができるので、「SET」を選ぶと他のパラメーターに変更して自分仕様にできるょ!

んで、赤丸ボタン押すと録音三角ボタンを押すと再生もできるから。
録音したものを修正したい時は「SYN SEQ」で直してね☆
あと、[1](NOTE×GATE)の時に録音するとメロディが変わっちゃうから注意ぃ!

322_2 

あともういっこ!「SMT」ってやつ~。
ここ押すと「SMT」と「HLD」が入れ替わりで表示されると思うんだけど、
「SMT」:ステップ(SEQ画面でいう1マス)を滑らかにつなげる
「HLD」:ステップ(SEQ画面でいう1マス)ごとに値が更新される
Ds10073

ぽらこ

|

« 話題のお店に行ってきたぁ!☆ | トップページ | 飴ちゃん、ちょーだぃ »

DS-10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 話題のお店に行ってきたぁ!☆ | トップページ | 飴ちゃん、ちょーだぃ »