« パンダパンだ! | トップページ | 空が綺麗だった! »

パンダでもわかるmonotron[5] -VCOってなあに?-

VCO(Voltage Controlled Oscillator)=オシレーター
P1pitch


このVCO(オシレーター)は発振器のこと!
音作りの素になる一番シンプルな波形を作る(鳴らす)ところ!

で、このツマミではピッチ(音程)を調節できるょ!




■モジュレーションやフィルターが何もかかっていない素の音を
聞いてみたい時はツマミをこんな風にしてみてね!
Soriginal
・「int.」は左に回して、モジュレーション(LFO)がかからない状態!
・「cutoff」は右に回して、周波数をカットしていない状態!
・「peak」は左に回して、何もクセがついていない状態!


☆素の音がイイ音するシンセサイザーは、フィルターやエフェクトをかけると更に
イイ音になるょ!
monotronも素の音がスゴく良いから、是非是非アンプに繋いで聞いてみて!



Img_0863

多機能なシンセサイザーでは、オシレーターで好きな波形を選ぶこともできるんだけど、
monotronの場合は用意されている波形が1つなので、このVCOで調節できるのは
音程(ピッチ)のみですー!ザ・シンプル!☆


DS-10で書いた「音作りの流れ」も参考にしてみてね!


ぽらこ

|

« パンダパンだ! | トップページ | 空が綺麗だった! »

monotron」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パンダパンだ! | トップページ | 空が綺麗だった! »