« いいバイト見つけた!(笑) | トップページ | パンダでもわかるmonotron[10] -チューニングをしてみる!- »

パンダでもわかるKORG M01[2] -M1ってどんなシンセ?-

「KORG M01」のメインモデルとなっているシンセサイザーが「M1」!ってことは、
前回の[1]で説明した通りなんだけど、そのM1についてもうちょこっとpen


【M1ってどんなシンセ?】


1台で曲作りが完成できる「ワークステーション・シンセ」の先駆けだったM1!
1988年に発売!
P1_2

なわけで、だいぶ前のシンセサイザーcatface
だけど、いろいろ販売された数あるシンセの中でも、とっても有名な機種のM1。


で、なんといっても有名なのが、M1の代表的な音色の通称「M1ピアノ」!

ハウスミュージックの定番ピアノ!たくさんの曲に使われたらしいー。
その当時がバブル絶頂期?だったから「バブリーな音だ!」って言う人も多いね!
Simg_1512

人気があったので、後々のシンセにも「M1ピアノ」って音色として内蔵されている機種もあったり、M1の音色まるごと「Korg Legacy Collection」として、ソフトシンセとしても登場してるよ!Legacyのリンク先クリックすると松前さんもコメントしてるねっ!flair



どちらさんのかわからないけどYouTubeペタ~tv 
モノはX50っていうシンセだけど、音はM1ピアノ・サウンド。



あと、シンセ博士のパンダの飼い主曰く、
デジタルシンセなんだけど、シンセの音がスゴクきれいだって!shine

デジタルシンセって、アナログシンセと発音の仕組みが違うので音が平たくなりがちだったりするんだけど、M1に内蔵されてるデジタルシンセの音、当時にしても、今聞いても、イイらしい!

んで、こちらも勝手に拝借tv M1の音色紹介してる動画~。



「ワークステーション・シンセ」について、もうちょっとだけ詳しくはまた次回ね!

ぽらこ

|

« いいバイト見つけた!(笑) | トップページ | パンダでもわかるmonotron[10] -チューニングをしてみる!- »

KORG M01」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いいバイト見つけた!(笑) | トップページ | パンダでもわかるmonotron[10] -チューニングをしてみる!- »