« Trick or Treat? | トップページ | パンダでもわかるKORG M01[5] -「M1」や「01」の音色が使われた曲- »

パンダでもわかるKORG M01[4] -01ってどんなシンセ?-

「M01」のメインテーマともなっているM1は前に紹介したので、お次は01について!★

ついつい「01」って略して言っちゃうけど、正しくは「01/W(ゼロ・ワン・ダブリュー)」。
「W」はワークステーションのWらしい~、と噂で聞いたことあるけど、Wikipedia見てたら本来はM1の後継機種として逆読みの「M10」になる予定だった、って書いてあったcatface


【01/Wってどんなシンセ?】

1991年発売!(M1の3年後)M1の後継機種のワークステーション・シンセ!

P


flairシーケンサーが16トラックと、M1の時よりも倍に増えて随分とパワーアップ!
だいぶ現在のワークステーション・シンセに近い形となって登場したシンセって感じ☆


flairあと、M1の時は音色数が100くらいだったのが、01の頃になると倍以上の250くらいに増えたょ!ある程度標準的な音色はだいたいカバー!

これまたYouTubeから勝手にペッたんこ。01の音色いろいろ弾いてくれてるnotes



flair結構、有名どころのユーザーが多かったらしいんだけど、なかでもYMOの坂本龍一さんが愛用していたことは有名らしいょ!YMO再結成(再生?)の時のライブでも使ってるって!☆


Simg_1606
↑この頃、ダボっとしたズボンが流行ってたらしい~。


ぽらこ

|

« Trick or Treat? | トップページ | パンダでもわかるKORG M01[5] -「M1」や「01」の音色が使われた曲- »

KORG M01」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Trick or Treat? | トップページ | パンダでもわかるKORG M01[5] -「M1」や「01」の音色が使われた曲- »