« Hawaiiでパンダ | トップページ | デザフェス! »

パンダでもわかるKORG M01[20] -もっとドラム!-

「まず最初にドラムを入力!」と言われても、どうやって・・・?
って人のための回!

ドラムをどんな風に入れたらいいのか、もうちょっとだけ掘り下げて書いてみます~。

前にKAOS画面で感覚的にリズムを録音する方法を紹介したけど、
もっと自分なりの細かいところにこだわりたい人は
1音1音自分で入力していく方法がありますflair


ドラムのシーケンサー画面を開いてねpencil
 →ドラムシーケンサー画面の開き方
M01shot_drumseq_240x

で、どんな風に入れたらよいのか?!
ジャンルによって、使われる打楽器もリズムパターンも様々!


カスタネットでウンタッタ・ウンタッタ♪ってやるのもOKだし、
ロックやポップスなどでは「8beat(エイト・ビート)」と呼ばれるリズム・パターンがよく使われたりもします!←ちなみに「エイトビート」っていう言い方は和製英語らしいー。
Simg_2630

M01で8beatを打込むと、例えばこんな感じ~。
M01shot_8beat

このままでも十分リズムとしてはOKなんだけど、これにプラスして入れたい音を縦の隙間を埋めるように音を入れていくと更にイイ感じになるかも?よぉ~shine
でも、あまりたくさん音を入れすぎても何がなんだかわからなくなるのでほどほどに♪

flairロックなどバンドサウンドや生演奏を意識するなら手足4本で叩けそうなのをイメージして打ち込むとイイかも!要するに同じタイミングに聞こえる音は4つまでってことね!バンドさんの映像とか見てどんな風に叩いてるか研究してみて!
参考までに、左に並んでるドラムパートの音色は下の方が足、上の方が手で叩けるような実際のドラムセットにまあまあ対応した並びになっているょ。

flairテクノや打込み系の音楽の場合は、手足4本とか考えずに8beatがどうとかも考えずに、とにかく縦の隙間を埋めるように色んな音を入れてみると意外とカッコイイのができることがあるかも!?

flair2beatは行進曲に、4beatはジャズに、16beatはフュージョンによく使われるみたい!
こっち系のジャンルはぽらこもよくわからないけどー。


ドラムのビートについてはwikipediaご参照くださいってことでcatface
あとは、ドラムのKAOS画面から行ける「KSET」にあるドラムパターンも参考になるよ!
M01shot_kaoss_248k


元々楽器がある程度わかっていて、耳コピーなどできる人は聞こえるがままを参考にジャズでもファンクでもどんなジャンルでも入力していけばいいんだけど、音楽作るの初めて!って人はまずロックやポップスのリズムがシンプルでわかりやすいので、それでやってみてね!




ぽらこ

|

« Hawaiiでパンダ | トップページ | デザフェス! »

KORG M01」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Hawaiiでパンダ | トップページ | デザフェス! »