« パンダまん。 | トップページ | たこ焼きくださいなー »

パンダでもわかるエレクトライブ[16] -音の加工*フィルターの種類-

音の加工「フィルター」について!

フィルターっていうのは、まさしく音にフィルターをかけて、いらない音の成分(周波数)をカットすることで音の聞こえ方(明るさ)を変えていくところ♪

Simg_5109

で、「TYPE」っていうのは、音をどうカットするか(どの周波数帯域をカットするか)をおおまかに分けたもの!flair

tulip「TYPE」ボタンを押すごとにフィルターの種類を変えることができます!shine

Type


【TYPE】

■LPF(Low Pass Filter):直訳すると「Low(低域)を通すフィルター」。要するに、高域をカットして低域を通します!こもった感じだったり、丸みのあるやわらかい音に。

■HPF(High Pass Filter):
こちらは「High(高域)を通すフィルター」なので、低域をカットして高域を通します!シャープな軽い感じの音に。

■BPF(Band Pass Filter):
低域も高域もカットして、特定の周波数付近の帯域のみを通します!特に目立たせたい周波数帯域があるときは使うとイイネ♪

■BPF+(Band Pass Filter Plus):
バンド・パス・フィルターで特定の周波数を通過させたものに元の波形を加えます。

Filter2


flairちょっとわかりにくい?かもしれない「BPF+」についてflair
普通、LPF、HPF、BPFはどこかしらの周波数を削るので、聞こえなくなる音もでてくるけど、BPF+は元の波形のどこの周波数帯域も聞こえつつ、目立たせたいところをガツン!とさせたい時によく使われているらしいょ!BPF+の効果を出したいときはレゾナンスをかけてね♪Yasushi博士談fuji

続く。。。




ぽらこ

|

« パンダまん。 | トップページ | たこ焼きくださいなー »

Electribe MX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パンダまん。 | トップページ | たこ焼きくださいなー »