« [ぽら部・第一回] お申し込みの締め切りは【6/8】まで★ | トップページ | パンダでもわかるMS-20mini[2] -電源を入れる- »

パンダでもわかるMS-20mini[1] -復刻!-

さてさて、いま話題のMS-20mini、はじめちゃいますsign01wink


の前に、、、「MS-20mini」ってなあに?
って方のために、まずはそこからネshine

↓コチラがMS-20mini
Ms20mini400


コレ、shineアナログシンセサイザーshineね。
デジタルじゃありません!wink

って、中のこと言われてもピンと来ないかもしれないよねcoldsweats01
実はぽらこもイマイチthunderピンときません(笑)


わかりやすく言うなら、針がチクタク動いて時間を教えてくれるアナログ時計と
中で計算して数字だけが表示されるデジタル時計の違いみたいな感じカナclock
物理的な仕組みで音を出すのか、それともコンピュータで演算して音を出すのか。。。
みたいな。。。。。。。。。。

Sms1_2





だから何って・・・?(笑)



アナログシンセのすごいところは何といっても音の太さと温かさ!
おっきなスピーカーを通して聞くとすごいのなんのsign03圧倒されるょlovely

そしてコレ、今から35年前に発売された「MS-20」の完全復刻版なんだってぇー!!

↓MS-20
Ms20
うん、、同じに見える。。。


写真はこちらの方が小さいけど、
実物は、「MS-20」の86%の縮小サイズにしたものが「MS-20mini」ダヨ。

flairちなみにiPadアプリの「iMS-20」はこの「MS-20」を基に作られたシンセアプリなのですnote





で、この MS-20mini で何ができるのかっていうと~、



ズバリ!!

shineshineshine「音作り」shineshineshinesign03



シーケンサー(フレーズを作る機能)もついてないし、
プリセット音(予め作られた選べるいろんな音色)もないし、
音はモノフォニックなので基本は単音しか出ません(笑)

でも、ものすっごく太くて温かみのある迫力のある音がでるんだょ♪
あと、デジタルよりも「味」のある音がするって言う人多いよね。
そして、何よりも全部ツマミが外に出ているから、
音作りをこれから学びたいっていう人にはわかりやすくってイイかもねんshine


まさにシンセサイザーの原点はコレ!
とも言えるシンセサイザーshine


ぽらこ

|

« [ぽら部・第一回] お申し込みの締め切りは【6/8】まで★ | トップページ | パンダでもわかるMS-20mini[2] -電源を入れる- »

MS-20mini」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« [ぽら部・第一回] お申し込みの締め切りは【6/8】まで★ | トップページ | パンダでもわかるMS-20mini[2] -電源を入れる- »