« DENMAN | トップページ | ◆SWEET GIRL◆の歌詞 »

パンダでもわかるMS-20mini[5] -音作りの流れ-

まずは、音作りの基本の流れを知ってね!

note音の3大要素note

音は「音の高さ(音程)」「音の明るさ(音質)」「音の大きさ(音量)」でできています!! 
↑ココ大事!

なので、これら3つを調節することで音はいろんな音に変化しまーす♪



それがどのツマミ部分にあたるのかっていうとー、、、

◆「音の高さ、音程」=VOLTAGE CONTROLLED OSCILLATOR
◆「音の明るさ、音質」=VOLTAGE CONTROLLED (HIGHPASS/LOWPASS) FILTER
◆「音の大きさ、音量」=VOLTAGE CONTROLLED AMPLIFIER

横文字なんがぁ~~~~~い!wobbly

でも、待って。。。 
よーく見るとアンプのところ絵だよcoldsweats01 詳しくはまた今度!!

*************************************************************
MS-20miniのツマミをおおまかに分けるとするならこんな感じカナcrown
Ms20mini_p
とりあえず、「オシレーター」「フィルター」「アンプ」だけに注目して!
*************************************************************

というわけで、略して、

◆「音程」=OSCILLATOR(オシレーター)
◆「音質」=FILTER(フィルター)
◆「音量」=AMP(アンプ)

ってことでイイからーcatface



shineそれぞれの役割shine

■オシレーター
音の基本となるモノを選びますー。

So0
※ピンクのやつはお肉ですdelicious


■フィルター
簡単に言うと音の明るさのコト!いらない部分はカットしていくのですー。

So1

So2


■アンプ
音の大きさを大きくしたり~、小さくしたり~♪

So4



基本的に音を作る時は、

①「オシレーターで波形を選ぶ」⇒②「フィルターで音に色づけ」⇒③「アンプで音量調節」

っていう流れで作ることが多いょ!
(電気の流れがこんな感じなので考え方としてはこの順番だけど、実際は後からオシレーターを変えたりとかしてももちろんOKだょ。)


MS-20miniに限らず、ほとんどの音作り用シンセでは、触る順番のツマミが左から右の方向に向かって配列されていますsign01覚えておくと便利だねnote



tulipついでに。。。

■モジュレーション
これは音を揺らすセクション!ゆらゆら~♪

■パッチ

いろんな組み合せで更に色々なコトができるょ。ぐふふ♪ ←説明になっていない(笑)



ぽらこ

|

« DENMAN | トップページ | ◆SWEET GIRL◆の歌詞 »

MS-20mini」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« DENMAN | トップページ | ◆SWEET GIRL◆の歌詞 »